image13050101.jpg

□■ つうしんチェック中! ■□

←↓↑絶賛応援中!↑↓→
aria.gif hs01.jpg toradora.jpg

kinsho_banner.gif shugo-b.jpg banner_syana.gif

topban_02.jpg clannad_banner02.jpg b.gif

アヤチネネ 

今日は月末金曜日ということで、『サノバウィッチ』が届きました。
image15022701.jpg
パッケージの写真を撮ったらアヤチ先輩がCDで隠れてしまったのでSDキャラシールで代用。
image15022702.jpg
ゆずソフトさんは相変わらず表情豊かですね。それにしても、ゆずソフト作品を発売日に買うのは2009年の『天神乱漫』以来。意外と間が空いてます。今作は久しぶりにキャラクターデザインが気に入ったということで、初見で「これは買いだ!?」と。あとは友人役の声がまさかの上○さんというのもなかなかポイント高いです。
ちなみに他にも特典が色々付いてましたが、載せるにはアレでソレなので写真には写っていません。ついでにもう1本別のソフトも買っていたりもしますが、こちらもアレでソレなので写真には(以下略

2月は大図書館に続いて2本目(今日届いたもう1本を含めて3本目)ということで、今月かなり金欠でマズイ状態です‥。昨年末に買った3本とあわせるとかなり未プレイが残っていたりも。さて、どれから崩していこうか。ちなみに3月は『パニカル・コンフュージョン』を購入予定です。

金魚 

けっこう前の話になりますが、『大図書館の羊飼い -Library Party-』がついに発売!
image15021901.jpg
ということで、一応発売日に届いています。久しぶりの移植版ということで、何だか嬉しくなりますね。
image15021902.jpg
しかも箱が本っぽくなっているのがなかなか細かい。まぁ、本というか辞書っぽい気もします。

とりあえず原作でプレイ済みの部分はスキップ機能を使いながらサーっと進めて、新キャラの一之江金魚ルート序盤まで来ました。キャラデザイン的にもかなり期待していましたが、声が入るとまた良いですね。中の人が「千代ちゃん」だというのは最近気がつきましたけど。

あとはムービーのロゴが「AUGUST」から「ARIA」に変わっていたりと細かい変更があります。それにしても「ARIA」のロゴが懐かしい。PS2版『夜明け前より瑠璃色な』を買ったのが2007年なので、もう8年も経っているんですね。今や携帯ゲーム機の方が当時の据え置き機よりも画像がキレイだということにビックリです。

余談ですが、『夜明け前』も『ユースティア』もPS版があるのに、『フォアテリ』だけ移植がないのがやっぱり勿体ない。PS3版、今からでも開発再開してくれないかなー。

フォルトゥーナから1年 

久しぶりにゲームを購入。今日発売の『恋する彼女の不器用な舞台』と、今さらですが9月発売の『南十字星恋歌』の2本。
image14112801.jpg
image14112001.jpg
昨年もそうでしたが、この時期は何故か毎年発売ラッシュで、明日あたりには『ココロ@ファンクション! NEO』(PULLTOP)も届くので一気に3本。絶対に年内には終わらないですよね‥。

さらに来年2月12日にはPS Vita版『大図書館の羊飼い -Library Party-』を、2月27日には『サノバウィッチ』(ゆずソフト)を購入予定。さらに『鯨神のティアスティラ』(Whirlpool)あたりも気になるし、アニメの方では『天体のメソッド』のBlu-rayも欲しいし、さてどうしようかといった状態に。

まあ、色々言いつつも、とりあえず『南十字星恋歌』から進めてみます。咲弥が予想以上に可愛かったので。キャラのよく動くし、話のテンポも良いので疲れにくくていいですね、これ。

弓乃 

(シナリオが)長い長いと言われていた『十六夜のフォルトゥーナ』、ついにクリアしました!
image14072701.jpg
発売が昨年の11月末だったのでクリアまでに約8ヶ月。本当にシナリオが長かった。いつ本題に入るんだというくらいに。

ただ、長いとはいっても、どのルートでも各キャラがしっかり活躍していて、ストーリーも上手くまとまっているということで、なかなか面白かったと思います。欲をいえば弓乃とかぐやをもっと掘り下げて欲しかったかなーという気もします。
あと、OP曲の方が目立ってしまっていますが、私はED曲がかなり好きですね。
ちなみにこのソフト、制作発表から発売まで約2年かかっているのですが、2年間待ち続けた価値は充分にあったと思います、個人的には。

ということで、次は『DRACU-RIOT!』と『1/2 summer+』を攻めます。

クロハ 

ようやく『ガールズ&パンツァー』を全話視聴完了しました!
何故か最終の12話だけを3ヶ月くらい放置していたのですが、今日ようやく完了。最後まで見てみると、人気出るのもわかりますね。良い終わり方だった。ただ、もうすぐOVAという時期なので、ある意味ちょうど良い時期に見終わった気がしないでもないです。



7月に入って改編期を迎えるということで、ついでにいつの間にか溜まっていた未クリアのゲームの方も整理してみようかと思います。

ざっと確認したところ未クリアのゲームは『十六夜のフォルトゥーナ』『魔女こいにっき』『DRACU-RIOT!』、PSPの『1/2 summer+』、PS Vitaの『やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている。』の5本。プラス、先月から始めた『大図書館』の2週目も加えると計6本。昨年11月あたりから消化不良な感じですね。とりあえず先日から『はまち』、『十六夜』と『1/2 summer』を崩しています。

それにしても、やっぱり私は『1/2』の雰囲気が好きみたいで、やっているうちに時間を忘れて深夜ということがちょくちょくと‥。『1/2』は汐ルートと真ルート以外完了ということで終わりが見えてきました。
『十六夜』の方は小菜、時雨ルートは完了しましたが、まだまだ終わりが見えません。シナリオが長いとはウワサには聞いていましたが本当に長いです。乙女ルートは終わる気配がない。ただ、割とすらすらと読みすすめられるので、長くてもそれほど疲れはないですね。
『はまち』はシナリオが短いこともあり先日完了しました。なかなかうまく原作の雰囲気が出てます。

ということで、整理できたのかできていないのかわからないゲーム進捗状況でした。余談ですが、『1/2』のPC版がかなり気になりだした今日この頃です。

ぽむぽむ 

「ぽむぽむしないの!」
image14062002.jpg
ということで、前回の更新時に言っていた『DRACU-RIOT!』を買ってきました。
image14062003.jpg
何気に久しぶりのゆずソフト作品で、2009年の『天神』以来となります。時期的にも『夏カナ』『天神』を買った時と同じ(季節)ということで、プレイしていてどことなく懐かしさも覚えますね。そしてなにより『ドラクリ』自体が発売から2年以上も経っているのにビックリです。つい最近でたばかりという印象なのに。

実は『アイルノーツ』も迷ったんですけど、作中の雰囲気はこっちの方が好きかなーということで『ドラクリ』を買いましたが、何というか、梓が可愛すぎると思います。
image14062001.jpg
もう梓一人だけで買った価値は十分にありますね。ちなみに、個人的には某『はつゆき』の希には似ていないと思うのですが‥。

しゃべるウサ 

ということで(どういうことだ?)、『大図書館DS』がようやくひと段落しました。話が短い分テンポよく進められてなかなか面白かったと思います。凪ルートがなかなか深い?です。
ついでに、先日から『大図書館』本編の方の2週目を進めてます(前の更新で書いたような気がしますが‥)。10月からアニメが始まるらしいので、復習も兼ねて真ルートの流れをつかんでおこうかと。やっぱり日常パートが面白いですよね、本当に楽しそうで。

月末に『魔女こいにっき』も買ったんですが、これはどうも話のテンポが悪いので、疲れていない時に進めたいと思います。しばらくは積みです。
あと、今さらながら『DRACU-RIOT!』の購入を検討中。この前、久しぶりに『夏空カナタ』を1時間くらいボーっとプレイしたら、「最近ゆずソフト買ってないな」とふと思ったのがキッカケ。
本当に不思議なもので半年に一度、やたらとゲームを買う気になる時期がくるんですよね。前回は2013年10月から12月だったので今回も大体半年。でも2,3本同時に買うには進捗具合も金銭的にもちょうど良いインターバルなのかもしれません。今回は羊飼いが良い意味で(良いのかどうかは分かりませんが)勢いづけてくれたようですね。

ダオイウイカ 

「ダイオウイカは意外にメタリックでした」
image14051601.jpg
ということで、今さらながら、ではありますが最近『大図書館の羊飼い』に夢中になってます。

本編は中盤に少しダレてしまった『大図書館』ですが、DSの方はリズム良くサクサク進められるので、それで改めて良さが分かってきた感じですね。オーガストさんの描く日常パートは何でこんなに楽しそうに見えるのか。
もともとキャラと雰囲気、世界観は気に入っているので、きっかけさえあればハマるのも必然、なんでしょうかね。ちなみに最近は嬉野さん押しです。

そして、このゲームをやるとやたらスマートフォンが魅力的に映ります。最近はアニメでもスマートフォンの描写が増えているだけに、そろそろ買い時かなーとか思ったり。うまい具合に夏モデルも出ることだし。
ただ、私は10年以上を折り畳み携帯で過ごしている世代なので、こちらへの思い入れもかなりあるんですよね。それに何といっても2008年前後の(個人的に思い入れのある)作品では折り畳み式が主流。思い切って買うか買わないか。しょうもない事ながら、なか難しい判断です。

インパクト 

「2013年を振り返る」

今回はゲーム編。なのですが、以前、10年分を一気に振り返った記事で今年買ったものも書いているので詳しく書く必要もなさそうですね。詳しくはコチラの記事を参照で。
『大図書館の羊飼い』以下のものが2013年に買ったゲームです。数は例年よりも若干少なめではあるのですが、大半が下半期に買ったものということで、今はかなり未プレイのゲームがある状態。どれから攻略したもんかな‥。

ということで、簡単ですが「ゲーム編」でした。正直、今年はどれもインパクトに欠ける気がするような、しないような。

五條た○かの 

ほとんど記事にしていませんが、この前買った『十六夜のフォルトゥーナ』、地味に毎日少しずつ進めてます。

ゲーム内の日付でいうと9月15日まで進みました。とりあえず小菜ルートには入ったようなのですが・・・、困ったことに進めど進めど一向にストーリーの本題に入る気配が無いんです。何かの伏線なのかなというシーンはポツポツと出ていますが、それっきり進展がない。日常パートもそれなりに面白いので退屈はしませんが、そろそろ何か動きが欲しいところ。腹が減ります。

あと、いつ買ったかも忘れた『カルマルカ』ですが、こちらは未読スキップ機能を駆使(?)しながら真ルートまで到達しました。『はつゆき』に比べるとストーリーに深さが無いような気がします。スキップしすぎているからかもしれませんが。

ということで、特に書くこともないのでゲームの進捗状況を書いてみました。