image13050101.jpg

□■ つうしんチェック中! ■□

←↓↑絶賛応援中!↑↓→
aria.gif hs01.jpg toradora.jpg

kinsho_banner.gif shugo-b.jpg banner_syana.gif

topban_02.jpg clannad_banner02.jpg b.gif

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊縮 

Vita版が発売されて個人的に『大図書館』で盛り上がっていたり、PCゲームが積み上がっていたりしますが、実は他にも買ったものがあります。
image15021701.jpg
『天体のメソッド』Blu-rayの第1巻。発売日に届いていたので一ヶ月くらい前の話になりますね。
image15021702.jpg
全話録画済みなのでわざわざ買う必要もないのですが、乃々香のジャケットイラストに惹かれてついつい購入。雰囲気もキャラデザもやっぱり好みなようで。個人的にはインナージャケットのアニメ画がお気に入りです。
ただ、Blu-rayとはいっても、BS録画の画質とはそれほど差は感じないので(テレビの性能のせいかもしれませんが)、おそらく2巻以降は買わないかも。

ということで、今月は少し買いすぎた気もするので、しばらくは緊縮財政ということになりそうです。

スポンサーサイト

懐かしさ 

『天体のメソッド』、いつの間にか7話まできて、いろいろと話が動き出した感じですね。
で、その7話のED曲(『ホシノカケラ』でしたっけ?)を聴いていると、何故かとてつもなく「懐かしい」感覚が。話の内容もかなり良かったはずですが、それ以上に懐かしさが湧いてきたのであまり内容が頭に入ってこないくらいでした。

で、「この懐かしさは何やろ?」とずっと考えていたんですけど、さっきふと思いつきました。この曲、雰囲気が何となく『ARIA』っぽいというか、曲調が『ウンディーネ』とかに似ているんですね。よく聴くと全然違うんですけど、何となく彷彿とさせるというか。
ちょうど今は季節的に『ARIA The ANIMATION』クライマックスを放送していたのと同時期なので、余計にそう思ったのかもしれません。この機会に『ARIA』を見直すのも良いのかも。

だた、「まだまだ最近だ」と思っていた『ARIA』シリーズを「懐かしい」と感じるようになってしまったのはショックというか‥。「時間は時には優しく、時には残酷に全てを変えていくもの」というセリフありましたね、そういえば。

ノエル 

「ノエルが円盤」てどういう意味なんでしょうね。

ということで『天体のメソッド』3話見終わりました。本当、この作品良いですね。最近は1回みればもう充分だったのに、これはすでに各話2回ずつ見直し。来週までに3回はいくでしょう。このままだと、おそらくBlu-rayを買ってしまいそうな勢い。
先の展開は全く読めませんけど、個人的にはこの先それほど暗い展開にはならないと踏んでます(根拠はありません‥)が、どんなもんでしょう。

舞台のモデルが北海道の洞爺湖らしいので、この先の旅行先は洞爺湖に決定ですね。未だに『ガルパン』の大洗も行けていないので、「大洗発(フェリー苫小牧経由)洞爺行き」というプランが意外と効率的でしょうか。
洞爺湖といえば10年以上前に一度行ったことはあるんです。当時は洞爺湖がどこなのか分かっていなかったのであんまり覚えていませんが。ちなみにその年放送されていたアニメは『最終兵器彼女』。そういえばあれも舞台は北海道ですね。

余談ですが、昨年、液晶テレビを買ってしまったせいで、最近はそれなりに画質にこだわる(DVD録画だと物足りない)ようになってしまった気がします。つい1年前までブラウン管テレビ+ビデオテープだったのが信じられない。

とらドラ!6周年 

いつの間にか10月も中旬、ということで、いつもの番組表作成です。



月曜日:『ガールフレンド(仮)』 (TVA) 10月13日 26時35分~

火曜日:『天体のメソッド』 (BS11) 10月7日 24時30分~

水曜日:『ヤマノススメ セカンドシーズン』 (BS11) 27時~

金曜日:『失われた未来を求めて』 (BS11) 10月10日 23時~

土曜日:『結城友奈は勇者である』 (BS-i) 10月18日 24時30分~

     『甘城ブリリアントパーク』 (BS-i) 10月11日 25時30分~


すでにいくつか始まってますが、1話目をみた限りでは『天体のメソッド』がダントツで存在感がありますね。1話目でここまで引き込まれたのは久しぶりかもしれません。ひょっとしたら6年前の『とらドラ!』以来かも。
とりあず今期はこの1作のみ注目で、あとは疲れない程度に流し見でもよさそうですね。2クール目の『ヤマノススメ』は別として。

ちなみに一番期待していた『大図書館』ですが、話のテンポが速いのと、筧さんが原作よりもややコミカルに描かれいる点がちょっと気になるところですね。原作はもっと落ち着いたキャラだったはず。1話目の雰囲気を見る限り凪ルートに入るんじゃないかと思うのですが、さてどんなもんでしょう。

凸凹 

7月クール作品も早くも終了時期。ということで、いつも通り来期の作品をピックアップしてみました。

『グリザイアの果実』
『ガールフレンド(仮)』
『天体のメソッド』
『失われた未来を求めて』
『大図書館の羊飼い』

10月はゲーム原作が何故か豊作。なぜ今さら『われめて』をやるのかよく分かりませんが、原作をプレイ済みということでとりあえず見ます。あとは3話くらい見てみないと何ともいえませんね。
ちなみに一番期待していた『大図書館の羊飼い』は、まさかのBS放送・地上波放送ともに無い(16日時点)という。あれだけ楽しみにしていたのに録画ができないなんて、本気でがっかりましたよ‥。

ちなみに、始まる前に「華がない」とかいろいろ言っていた7月クールですが、いざ始まってみればかなり楽しめました。ストーリーもキャラデザ的にも『ヤマノススメ』がとにかく良い。15分というのが短すぎず長すぎずで気軽に見られるのが嬉しいです。あと、『人生』が予想外にジワジワきましたね。特にOP曲。何度も聞いていると、だんだんとクセになってきます。

そういう結論 

『中二病 戀』、ようやく視聴完了。

ということで、やっとアニメの方の視聴を再開しました。『中二病 戀』って前のクールでしたっけ?中弛みがあったので途中で見るのをストップしていたんですが、先日、勢いで最後まで視聴。後半はなかなか良かったですね。最初は「耳に残らなくてもうひとつ」とか思っていたOP曲も聴くたびに良くなってきて、この前某サイトでダウンロード購入するまでに。最後まで見てみるもんだなーと改めて思いました。

あと、今期作品では『一週間フレンズ』は順調に消化中。この年になるとどうしてもこの評価が増えるのですが、若いって良いですね‥。
『ご注文はうさぎですか』もようやく2話目まで見ました。これは別の意味で良い。今期はこれを楽しみにすれば生きていけそうです。こういう「ぽーっと見られる作品」が1期に1作は必要ですね。OP曲はどことなく某曲を彷彿とさせます。作曲者つながりで。

ということで、やっぱりゲームもアニメもバランス良く消化するのがベスト。そういう結論ですわ。

六畳間 

先日より劇場版『まどかマギカ』3作、まとめて視聴に挑戦中。すでに前編と後編は見終わって、残るは先日届いたBlu-rayの新編のみ。一気に見ると流れが良く分かる反面、それなりに疲れるのが難点です。



ということで、新クール恒例の番組表作成です。今期はかなり数を絞ったのでわざわざ表にする必要もないのですが、記録するために一応作成。

月曜日:『ご注文はうさぎですか?』 (BS11) 4月14日 24時~

火曜日:『ラブライブ!』 (BS11) 4月8日 24時~

今期は少なめ2作品でスタートしたいと思います。4月はプロ野球も始まるので見る時間も限られるし、1月クールは再放送を含めて9作までふくれあがって大変だったので‥。『一週間フレンズ。』あたりも気にはなっていますが、こちらは余裕があったらということにします。
ちなみに今期も再放送があって、CS放送で4月14日から『CLANNAD』のファーストシーズンが放送される。しかも平日日替わり放送。これはこれで録画が大変だ。

あと4月クールではないですが、『六畳間の侵略者!?』がアニメ化だそうですね。3年くらい前からアニメ化のウワサがありましたが、ようやくといったところで。別に待っていた訳ではないですけど。

赤白黄色 

『まどかマギカ』の劇場版新編が発売されたということで、今日、早速届きました。『とらドラ!』Box、劇場版『禁書』に続いて今回もBlu-ray版です。
image14030201.jpg
以前なら「Blu-rayは見られないから置物と化す」とか言っていたところなのですが、実はこの前「テレビが壊れた」と騒いでいた時に、良い機会だと思って奮発して液晶テレビとPS3をまとめて購入したんです。
HDMIにも対応していて高画質再生も可能ということで、Blu-rayの再生環境の方は整っている状況。劇場で見た時は話を理解しきれなかったので、これでやっと復習できます。

ただ、あれですね。画質は鳥肌が立つくらいキレイですね。少し前までビデオテープがメインだったこともあって、余計に画質の良さにビックリしました。

ちなみに、テレビの録画は今まで通りDVD(赤白黄の端子)ですが、ここまで画質がキレイだと録画環境も整えたいと思ってしまうから困ったもんだ‥。

新高岡 

早いもので1月クール作品もあと数話で終了ですね。
ということで4月クールを少し調べてみたのですが、数の多い今期とは一転、2作品くらいで収まりそうです。作品数云々よりも、つい最近だとばっかり思っていた『氷菓』の放送開始から早くも2年が経過しているという事実の方にビックリしたりしなかったり‥。



先日(先月?)言っていた大洗訪問、一旦白紙に戻します。というのも、諸般の事情で行けなくなってしまったのですが、まぁ、これっていつものパターン‥。

大洗の方はいつ行けるか分からなくなりましたが、良い機会なので『true tears』の舞台、城端訪問の計画を再検討中です。城端へは09年の1月に一度訪問済み。冬山の景色がとにかくキレイだったのが印象的な町です。距離的にも大洗に比べると近くて、私にとっては初めて舞台訪問をした町ということで、いつかもう一度行きたいと思い始めて早5年‥。

はっきり言って大洗はまだまだブームが続きそうなのでそれほど急ぐ必要はないんですよね。でも、城端の方は約1年後に新幹線開業が控えていて在来線が不便になるということであまり時間がありません。それに『true tears』といえばやはり冬が似合うということで、残るチャンスはそれほど多くはない。
もちろん城端線も高岡駅も消えて無くなる訳ではありませんが、拠点である高岡駅の利便性が大きく低下しそうなので、料金的にも時間的にもタイムリミットはあと1年となりそうです。

ちなみに「不便になる」というのは滋賀県側からのアクセスの場合です。城端線に新幹線の乗換駅ができるらしく、東京からだと逆に便利になるとか。

竹原に続いて 

放送開始から1年以上かかって、ようやく『To LOVEる ダークネス』を全話完走しました。
DVDをレンタルしたので表現は色々とアレでしたが、前作の「もっと」に比べるとが面白かったと思います。やっぱりある程度ストーリーが1本にまとまっているほうが見やすいです。キャラデザも今作が一番好きですね。
ただ、春菜派(?)の私としては、メインキャラの出番が‥という気もしなくはないです。



ということで話は変わって、先日ちらっと言っていた『ガルパン』の大洗訪問、来月3月上旬から中旬にかけて決行予定で計画中です。

今回は、以前の『たまゆら』の時みたいに「計画立ててから訪問まで3年を費やす」ということがないように、ある程度具体的な日程も決めてあります。時期的に青春18きっぷシーズンということで、訪問にはちょうど良い時期。意外にも早朝出発なら水戸駅には夕方に着けるみたいです。

ただ、問題は行程。あまりにも大洗にピンポイントで絞ると旅が窮屈になるので、前回の能登の時みたいに余分な行動も含めたい。ここが難しいところでもあり、楽しくもありますね。

余談ですが、先日、書店の旅行ガイドコーナーで茨城県の情報収集をしていたら、『まっぷる茨城』の表紙にデカデカとあんこうチームが載っていました。思わず買いそうになりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。