image13050101.jpg

□■ つうしんチェック中! ■□

←↓↑絶賛応援中!↑↓→
aria.gif hs01.jpg toradora.jpg

kinsho_banner.gif shugo-b.jpg banner_syana.gif

topban_02.jpg clannad_banner02.jpg b.gif

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は24作品 

「2013年を振り返る」

今回はアニメ編。ゲームに比べると数が圧倒的に多いので、1つ2つ書き忘れがあるかもしれません。

『みなみけ ただいま』
『ラブライブ!』
『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』
『僕は友達が少ないNEXT』
『たまこまーけっと』
『D.C.Ⅲ ~ダ・カーポⅢ~』
『GJ部』
『ヤマノススメ』
『まんがーる』
『這いよれ!ニャル子さんW』
『ゆゆ式』
『あいうら』
『とある科学の超電磁砲S』(※シスターズ編のみ)
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』
『変態王子と笑わない猫。』
『ロウきゅーぶ!SS』
『きんいろモザイク』
『神さまのいない日曜日』
『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』
『リトルバスターズ!~Refrain~』
『のんのんびより』
『ゴールデンタイム』
『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』

こうやって並べてみると相変わらずかなりの数を見たなーという気になるのですが、今年はリアルタイムで見られたものが少なく、録画したものをあとでまとめて見るというパターンが多かったですね。録画機をVHSからHDD(DVD)へ変更した影響だと思うのですが、これはこれで便利でもあり、なんか違うなあという気分もありで複雑です。

ということで、あまり年末という気分がしないくらいバタバタしましたが、今年最後の更新でした。皆さま良いお年を!

スポンサーサイト

一気に3年分 

7年間を振り返る(2010年~12年編)

昨日はすっかり10年間シリーズを忘れていて、2013年を書いてしまいましたが、まだ2010~12年が残っていました。とはいっても、このあたりは毎年あまり大差ないので、まとめて書きます。

2010年は『禁書』2期。特筆するのはこれだけでしょう。あとは夏にやっていた『ストパン』の2期とか『祝福のカンパネラ』あたりがけっこう良かったです。
2011年は『魔法少女まどか★マギカ』とか『Aチャンネル』の印象が強いでしょうか。あとなんと言っても『灼眼のシャナⅢ(Final)』が大きい。
2012年は『ひだまり』4期、と言いたいところなのですが録画だけしてまだ見てません。なのでこの年、印象が強いのは『咲 阿知賀編』と『氷菓』、『中二病』辺りです。

ということで、ざっくりと3年分を振り返ってみました。ざっくり過ぎて思い出話ではないですね。

インパクト 

「2013年を振り返る」

今回はゲーム編。なのですが、以前、10年分を一気に振り返った記事で今年買ったものも書いているので詳しく書く必要もなさそうですね。詳しくはコチラの記事を参照で。
『大図書館の羊飼い』以下のものが2013年に買ったゲームです。数は例年よりも若干少なめではあるのですが、大半が下半期に買ったものということで、今はかなり未プレイのゲームがある状態。どれから攻略したもんかな‥。

ということで、簡単ですが「ゲーム編」でした。正直、今年はどれもインパクトに欠ける気がするような、しないような。

いつの間にか1ヶ月 

本日12月28日(分)の更新をもって、「1ヶ月連続更新」をいつの間にか達成しました!
本当、よく分からない内に地味に達成できてましたね。まぁ、私らしいといえばらしいのかもしれませんが。ただ、もう2度とやらないと思いますね。寝る前の10分15分は意外とキツイんです。

せっかくなので、このまま12月31日まで続ける予定です。思い出話がかなり中途半端なところで終わってしまっているので、13年のまとめも含めて一気に書きたいと思います。
ちなみに、今回の投稿で合計投稿数が866回になります。1000回まで150回を切りました。

茶番 

7年間を振り返る(2009年編)

2009年は1月~3月の『とらドラ!』最終回にすべてもっていかれた感があるので、他の印象があまりない年です。パッと思い出せることといえば『しゅごキャラ!』が一段落して茶番新パートに入ったこと。それくらいです。

正直、あまり良いイメージが湧かない1年だったと思います。以上!?

黄金時代 

7年間を振り返る(2008年編)

2008年はアニメに関しては黄金期。この年を超える年はもう現れないだろうなーという1年です。
1月には『ARIA The ORIGINATION』。4月からは『しゅごキャラ!』を見始めて(放送開始は07年10月)、夏には『ひだまりスケッチ』の2期。そして、ブログでもしつこく書いている充実の10月クールもありました。書き出すと止まらないと思うので止めますが、とにかく今となっては良いイメージしかないというくらいの1年間です。
あと、ブログには書いていなかったと思いますが、1月~3月は何故かOVAにはまった時期でした。『よつのはOVA』とか、OPが強烈だった『こはるびより』なんかを見てましたね。『こはる』はアニメ化あるんじゃないかと予想してましたが実現しなかったようで。『よつのは』は全くストーリーを覚えていません‥。

ということで2008年はこんな感じです。まだまだ言いたいことはあるのですが、時間がないのでここで止めます。

星 

7年間を振り返る(2007年編)

この年は視聴数を増やすことに成功した年です。それまでは2004年の流れで少数精鋭(?)を貫いていたのですが、この年以降、1クールにつき6作程度が当たり前に。
2007年といえば季節ごとに軸になる作品がありました。1月クールは『ひだまりスケッチ』の記念すべき第1期。これは6週間遅れでの放送という異例の事態でしたね。4月クールは『らき☆すた』。2期があるとあの時は思っていましたが、今となっては可能性はほぼなさそう。7月は『ななついろ★ドロップス』。作品名に「星」がはいる作品が続きました。『ななついろ』はどちらかというとラジオの方が面白かったような気もしますが。10月は『灼眼のシャナ』第2期。これをキッカケにライトノベルにのめりこみました。

といった具合に、本当によく見た1年だったかと思います。良い時代だった‥。

活き活き 

7年間を振り返る(2006年編)

ようやく7年前のお話になります。ブログを開設した2006年はやはり『ARIA The NATURAL』の印象が強い年。ですが、他にも『N・H・Kにようこそ!』『涼宮ハルヒの憂鬱』とあり、3本柱を形成していた年でもあります。
今、思い返しても『ARIA The NATURAL』最終回の時の寂しかったこと。あの時は3期は幻だと思ってましたよ。ただ、最終回と同時期にPS2版ゲームの発売があったり、音泉ラジオもあったりで、その後半年くらいは『ARIA』の余韻に浸る毎日でした。あの時は活き活きしていたような気がします。

『N・H・K』も『ハルヒ』も色んな方向で強烈なインパクトを残してくれて、2次元方面の充実感はトップクラスの年ですね。あの頃はブログもまだ形ができていなくて、色々とテンプレートをいじるのが日課だったような気も。

存在感 

7年間を振り返る(番外編2005年)

今回は2005年。この年はなんといっても未だに抜群の存在感がある作品『ARIA The ANIMATION』が放送された年です。10月クール作品なのでこの年の冬はかなり良いイメージが残っています。『ARIA』に関しては今までしつこいくらいこのブログで語っているのであえて何も言いません。ちなみに、10月アニメの印象が良いという流れはおそらくここから始まってます。

他には『D.C.ダカーポ』の第2期。作画も大きく変わって一部ではアレな評価ですが、これはこれで良かったところもある、と思いたい。
深夜以外では『EREMENTAR GERAD』ですね。夕方だったので帰りが間に合わず見逃した話もちらほらとあったような。

ということで番外編は今回で終了。次回からようやくブログ開設の年、7年前のお話です。

余韻 

7年間を振り返る(番外編2004年)

昔話の2回目、今回は2004年です。この年はまだペースをつかめていなかったこともあり、他の作品に手を出さなかった年です。『D.C.ダカーポ』の余韻に浸っていた時期ですね。ドラマCDとかの関連グッズを買いあさったり。

新たに見た作品は『美鳥の日々』のみ。しかも見始めたのが10話目くらいと遅めで、本格的に見たのは05年年明けの再放送(CS放送)。なので、これはどちらかというと「04年度」作品というイメージです。

ただ、この先数年続く「少ない作品にのめり込む」スタンスが完成した年ということで、今への影響は少なくないはず。03年に続いて重要な年だったのかもしれません。

10年の歴史 

7年間を振り返る(番外編2003年)
ということで、軽くこの7年を振り返ってみようという新コーナー(?)です。初回は7年間を飛び越えて10年前、2003年編。この年なくして今の私はないといっても過言ではない重要な年。逆に考えるとこの年さえなければ(以下略)

03年といえばなんといっても『D.C.ダカーポ』の第1期です。このアニメによって深夜アニメの存在を知り、アノ手のゲームの存在を知ったんですよね。妹系のキャラを好むことが多いのも、おそらくはこの作品の影響だと思われます。まぁ、一番好きなキャラは美春だったんですけど。

ちなみに、厳密にいえばその3ヶ月前の『魔探偵ロキ RAGNAROK』とか、02年の『スパイラル』とかこれ以前に見ていたアニメもあるんですけど、朝だったり夕方だったりバラバラの時間帯なので除外しておきます。

ということで、今回はそこそこ長めに書きましたが、次回以降はもっと短くして冒頭のミニコーナーとしてやっていく予定です。

愚痴 

この時間まで更新を完全に忘れていました。初の3時(27時)台更新となります。それでも当日扱いです。

正直なところ、やや限界が見え隠れしてきました。あと1週間程度で完走ではあるのですが、ここ2,3日は本当に書くことが思い浮かばない。完全にネタ切れです。まぁ、例年通り今年のまとめ記事を書けばいいんですけど、それを作成する気力体力がないんですよねえ。困ったもんだ。

ということで今日はこのへんで。何にも中身ない更新ですね。それにしても最近、愚痴が多いように思うのは気のせいか‥。

小市民 

「今年はラノベを買わなかった」と何度か書いていると思うのですか、おそらく10冊程度は手を出しているはずなので改めて数えてみました。

『バロックナイト2』(未読)
『バロックナイト3』(未読)
『瑠璃色にボケた日常1』(既読)
『スリーピング・ストレーガ2』(既読)
『101番目の百物語5』(既読)
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている1』(既読)
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている2』(未読)
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている3』(既読)
『ゴールデンタイム1』(未読)

以上です。「買ってない」印象が強いのは半分くらいが未読だからみたいです。最近疲れるんですよね、活字。ちなみに一般文庫も含めるとあと2冊ありました。

『春期限定いちごタルト事件』
『夏期限定トロピカルパフェ事件』

所謂「小市民シリーズ」です。一般といってもラノベ寄りの内容なので含めてもいいかと思うので一応記録。「古典部シリーズ」に比べると地味ですが、このシリーズもなかなか面白いんですよ。

ということで、今年買ったラノベは合計11冊でした。『俺がいる』の読む順番を間違える辺りで最近のラノベ離れが何となく分かる‥。
余談ですが、「小市民」といえば15年ほど前に『小市民ケーン』というドラマがあったような。これ以上いうと年齢バレますね。

今年も残り・・ 

もう12月も18日なんですね。つい最近12月に入ったと思っていたらもう月の後半。そろそろ今年のまとめ記事なんかも書いておきたいところです。

何で書くかというと、数年後に「あの年は何をやって(視聴・購入)いたか」を確認するのにあると便利なんです。さすがに印象の強い2007年や08年はほぼ完璧に覚えていますが、2010年、2011年あたりの区別が今では完全につきません。
そういう意味ではブログを続ける意味も多少はあるのかなーと思います。結局は自己満足なんですけどね。

ということで、そろそろまとめ記事を作成にかかります。今年はラノベをほとんど買わなかった年なので、「楽曲編」「ゲーム編」「アニメ編」の3つくらいになると思います。

余談ですが、年末というと何となく『クローバーポイント』が思い浮かびます。

前日扱い 

深夜2時(26時)更新が当たり前になってきた今日この頃。深夜前日扱いの特例(自分ルール?)により一応記録は続いております、1ヶ月連続更新です。
「書くことがない」と嘆きながらも何とか半分を越えたということで、完走まであと少し。ここまできたら何としても達成ししてみたいところ。まぁ、達成したからどうなるということでもないんですけどね。本当に達成したいのは1000投稿ということで、当面はこのしょうもないブログは続きます(1000投稿も達成したからどうなるとうものでもないですが‥)。

ということで、書くネタがないので今日はこの辺で。

トップバッター 

『中二病でも恋がしたい!戀』の放送開始日決定。いよいよ近づいてきました。

ただ、最初から期待はしていなかったものの、やはりBSは放送開始が遅いです。他局は一斉にスタートするならBSも一緒に始めればいいのに‥。
とまぁ、何度も遅い遅いと愚痴を言ってはいますが、毎回、視聴作品の7割~8割はBS11になっている現状からは、愚痴を言える立場ではないですね。BSにアニメ枠に感謝感謝。

ということで、来期の番組表も既に完成しているので、また月末にでも更新しようかと思います。新年のトップバッターは『咲』になるっぽいです。

ショコラ 

空き時間を利用して未視聴アニメを3話程度視聴。『脳コメ』を完走したと同時に、積みもすべて消化。今期はかなり順調です。

ただ、最近はどうにも1日で3~4話が限界ですね。何もしてないのに疲れます。一昔前なんかは時間さえあれば1日中見ていても平気だったのに。確か『しゅごキャラ!』とか8話連続で‥(2008年12月の記事参照)。
これは単にのめり込む作品が今は無いだけなのか、トシのせいなのか、気持ちの問題なのか。「一昔前」とかいっている時点で既にアレですが‥。

以下余談、というかどうでもいい話ですが、『ゴールデンタイム』某キャラの「3次元捨ててます」発言がありましたが、あれってああ言っておきながら実は3次に未練タラタラに聞こえるんですよね。本当に捨てた人はわざわざ言わないんじゃないかなーと、何となく思うわけで。

ということで、何故か今日の内容、暗いですね。

五條た○かの 

ほとんど記事にしていませんが、この前買った『十六夜のフォルトゥーナ』、地味に毎日少しずつ進めてます。

ゲーム内の日付でいうと9月15日まで進みました。とりあえず小菜ルートには入ったようなのですが・・・、困ったことに進めど進めど一向にストーリーの本題に入る気配が無いんです。何かの伏線なのかなというシーンはポツポツと出ていますが、それっきり進展がない。日常パートもそれなりに面白いので退屈はしませんが、そろそろ何か動きが欲しいところ。腹が減ります。

あと、いつ買ったかも忘れた『カルマルカ』ですが、こちらは未読スキップ機能を駆使(?)しながら真ルートまで到達しました。『はつゆき』に比べるとストーリーに深さが無いような気がします。スキップしすぎているからかもしれませんが。

ということで、特に書くこともないのでゲームの進捗状況を書いてみました。

空幻狐 

とりあえず1月作品のピックアップ完了。なかなか楽しみな布陣なんじゃないでしょうか。

『中二病でも恋がしたい!戀』
『桜Trick』
『いなり、こんこん、恋いろは。』
『咲-Saki-全国編』

視聴確定が以上4作プラス今期から継続の『ゴールデンタイム』。そして、1話目を見てみて雰囲気で決めようというのが以下の3作。

『のうりん』
『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』
『未確認で進行形』

この中ではなんといっても『咲』が楽しみですね。まぁ何が楽しみなのかといえば決勝で憧が見られるのかどうかということがですけど。決勝まで放送するのかどうかも分かりませんが。来期は「きらら枠」が復活ということで日常パートも問題なさそうです。
ただ、『ゴールデンタイム』も含めると結構な数になってしまうので、どれかは切ることになると思います。

余談ですが、私にとってキツネといえば某「空幻狐」ですが、あれからもうすぐ6年ですか‥。

無理ではないが難しい 

いつの間にか今月の記事更新数が2桁を超えていました。

10回を超えるのは2011年9月以来の約2年ぶり。その時も10回ちょうどだったので、今月の回数はある意味未知の領域。ちなみに20回を超えたことは2009年6月以来なく、30回超えに至っては2007年5月まで遡ります(この月の37回が月間最高記録)。月間37回を超えるのはまぁ無理だとしても、このままある程度までは伸ばしたいところです。

ちなみに(←2回目‥)、現在の合計の更新数(旧ブログ含む)は850回。目標の1000投稿まで残り150回まできました。今後、月15回更新を続けられれば8周年と同時に1000回到達ということになります。最近の状況から考えると難しいとは思いますが、絶対に無理という数字でもない。チャレンジしてみようか‥。

10話で終了 

なんと『脳コメ』が今週金曜で最終回だそうで。
年末年始編成が絡むから10話で終了なのか、ストーリーのキリが良いから終了なのかは分かりませんが、少なくても12話あるだろうと思っていただけにショックです。第2期たぶんある・・・と思いたい。
短いといえば『リトバス』も今回は1クールだそうですね。話の方向がよく分からなくなってきたので、あと3話程度でどうまとめてくるのか。

逆に『ゴールデンタイム』は2クール24話だそうです。『とらドラ!』の流れを汲むなら妥当なところですが、最近視聴が追いついていないだけに、個人的にはあまりうれしくない2クールかも。

ということで、終わりを迎えつつある10月作品でした。そろそろ1月作品ピックアップの時期ですね。

網目模様の 

早くも書くことが無くなってきた感がある今日この頃。なので、そろそろ2013年の総括でもやっていこうかと思います。
せっかくなのでこの7年間も振り返りつつ、どうでもいい想い出話でもさせていただこうかと。昨日まででゲームを振り返ったということで次はアニメ編を予定。その次はラノベ辺りでしょうか。

ただ、アニメの場合はどこから振り返るかが難しいところなんですよね。本格的に深夜アニメに興味をもったのは2005年の『ARIA The ANIMATION』が一つのキッカケではあるのですが、それ以前にも2002年の『スパイラル~推理の絆』とか2003年の『魔探偵ロキ RAGNAROK』『D.C.ダカーポ』、2004年の『美鳥の日々』とか地味な作品をポツポツと見始めていたい時期もあります。何にしても10年を超えているのが改めてビックリだ!?

ちなみに、個人的に深夜のイメージが強いのですが、『スパイラル』だけ深夜ではなく夕方アニメですね。未だに再アニメ化してほしい作品ナンバー1です。

思い入れ 

昨日の続きです。今回のランキングは完全に好みで組んでます。



◇雰囲気部門
①『ナツユメナギサ』
②『ましろ色シンフォニー』
③『はつゆきさくら』
④『1/2summer+』
⑤『ココロ@ファンクション!』

体験版の段階で直感で良いと思った5作品。シナリオ含めて好き嫌いは分かれると思います。『ナツユメナギサ』なんかは雰囲気もさることながら、シナリオの謎解き要素もなかなか面白い作品です。
どれとはいいませんが、雰囲気を気に入ればシナリオが多少チープでも印象は悪くならないものだなーと改めて思います。


◇思い入れ部門
①『CloverPoint』
②『夏空カナタ』
③『ななついろ★ドロップス Pure!!』
④『Flyable Heart』
⑤『大図書館の羊飼い』

世間一般では地味だったり評価が低かったりする作品の中で、私がこよなく愛する(?)5作品です。『大図書館』は5作品揃えるためにやや無理矢理押し込んだ感もありますが。
2007年~09年あたりの作品が大多数をしめることになったので、やはり購入時のリアルの状況とか気の持ちようで作品の評価は大きく変わってしまうみたいです。どうしても落ち込んでいる時に買ったゲームはイメージが悪くなってしまうようで。


ということで、7年間を振り返る企画「ゲーム編」でした(←この先、何回かやろうと思ってます)。今年はおそらくもうゲームを買うことはないので、また来年以降の新作に期待です。この先、買う予定のものは今のところ『大図書館』の続編くらいしかありませんけど。

どうでもいいですが、ゲームに関しては『D.C.P.S.』がある関係で振り返るのは10年近くになりますね。『D.C.P.S.』はコンシューマ版なので問題はないはずですが、10年前といえば、私は18歳を超えていなかったりします。

ガヤシステム 

昨日の記事の続きですが、今までやったゲームのなかでの(かなり)個人的なランキングを作成してみました。「シナリオ部門」「キャラクター部門」「雰囲気部門」「思い入れ部門」の4ジャンルに分けて集計。各作品1ジャンルのみで数えているので、それなりに分散させたつもりです。
『十六夜のフォルトゥーナ』と『オトメスイッチ』は買ったばかりでまだよく分からないので除外。自己満足でトンチンカンなランキングなので、あまり参考にしない方が無難かと思われます‥。

ちなみに、昨日は数えるのを忘れてましたが今までに買ったゲームの合計はのべ40作品。ファンディスクをいくつか含むので作品数は36作品。使った金額は怖いので計算してません。



◇シナリオ部門
①『FORTUNE ARTERIAL』
②『eden*』
③『夜明け前より瑠璃色な』
④『恋色空模様』
⑤『D.C.P.S. ダ・カーポ プラスシチュエーション』

シナリオ部門首位は『フォアテリ』。これはもう不動です。基本的にキャラで選んでしまう私が唯一体験版のシナリオにひかれて買った作品です。日常パートの何とも言えないワクワク感とか、伽耶様とマレヒトさんパート(真ルート)の盛り上がりは非常に秀逸。体験版やる前は買うつもりがなかったなんて、今となっては信じられません。
『eden*』はアレですね。映画化できるんじゃないかというくらいしっかりストーリーが作られてます。シナリオは一本ですがその分ブレが無いのが良い点です。
どちらかというと『夜明け前より瑠璃色な』はキャラクター部門かなーという気もするんですが、ロストテクノロジーとフィアッカ様関連のシナリオがかなり引き込まれるものがあったのでこちらに。
『恋色空模様』は謎解き要素が私好みで飽きが来なかったのが良い点。各キャラのルートがおまけになってしまっているのが勿体ないような気も。
『D.C.P.S.』は私が初めて買ったゲームということもあって、未だにこの作品がすべての基準になっていたりします。購入後10年近く経ってまだクリアしていない伝説の作品(?)です。この作品にさえ出逢わなければ、という気がしないでもないですが‥。もちろんシナリオは今考えても面白かったと思います。ガヤシステムって今は完全に絶滅しましたよね。


◇キャラクター部門
①『天神乱漫』
②『キサラギGOLD★STAR』
③『Coming×Humming!! -カミング・ハミング-』
④『fortissimo EXS//Akkord:nachsten Phase』
⑤『妹びらいざー!』

この部門はキャラは良いけどストーリー展開が少し飽きやすかったり、盛り上がりに欠けるかなという括り。この5作品、最初は面白いと盛り上がってブログとかでもかなり取り上げたんですが、時間が経って印象が薄れてしまった作品群です。
代表格は『天神乱漫』。買った当時はやたらブログで騒いでいたにも関わらず、今となっては手元にないという。


ということで、長くなりそうなので後半は明日の次回更新で。「雰囲気部門」「思い入れ部門」「総合」でお送りします。この3ジャンルはさらに個人的な好みと想い出補正がかかっているかと思われます。

総額おいくら 

12月ということで、いつもなら1年のまとめ記事をポツポツと書き始める時期です。
が、今年はせっかくのブログ開設7周年なので、この7年+αで、時間が許す限り色々と振り返ってみようかと思います。ほとんど時間は許さないとは思いますが。
最初は比較的まとめやすいゲーム編。今までにどれだけ買ったのか知りたくなったので。PSPゲームはややこしくなるのでとりあえず除外して、PCとコンシューマ版のみ取り上げてみます。ということで、私が今までに買ったゲーム一覧はこちら。ちなみに発売時期ではなく購入順です。

『D.C.P.S. ダ・カーポ プラスシチュエーション』※
『夜明け前より瑠璃色な』
『School ぷろじぇくと☆』
『幼なじみと甘~くエッチに過ごす方法』
『FORTUNE ARTERIAL』
『CloverPoint』
『夏空カナタ』
『ななついろ★ドロップス Pure!!』※
『夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-』
『Flyable Heart』
『天神乱漫』▲
『ぶらばん』
『ナツユメナギサ』▲
『ましろ色シンフォニー』▲
『恋色空模様』
『プリズムリズム』▲
『eden*』
『キサラギGOLD★STAR』▲
『失われた未来を求めて』▲
『Sisters~夏の最後の日』▲
『Coming×Humming!! -カミング・ハミング-』▲
『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』※
『世界でいちばんNGな恋』▲
『Princess Evangile プリンセス エヴァンジール』▲
『いきなりあなたに恋している』▲
『恋色空模様 after happiness and extra heart's』
『はつゆきさくら』
『Lunaris Filia ~キスと契約と真紅の瞳~』▲
『Flyable CandyHeart』
『アオリオ』▲
『fortissimo EXS//Akkord:nachsten Phase』▲
『妹びらいざー!』
『ピュアガール』▲
『大図書館の羊飼い』
『D.C.Ⅲ R X-rated』▲
『1/2summer+』※
『カルマルカ*サークル』
『ココロ@ファンクション!』
『十六夜のフォルトゥーナ』
『オトメスイッチ』

※はコンシューマ版、▲は既に手元にないものです。

1年以上発売を楽しみに待った作品もあれば、その場の勢いで買って後悔した作品もありで、なかなかバラエティに富んでいる・・・ような気もします。
改めて振り返ると、2009年から急激に購入数が増えているんですよね。ただ、それらの半分くらいは既に手元にないので、いかにその場の勢いで買ってしまったかがよく分かるというか何というか。

ということで、次回以降、この中から個人的なランキングをいくつかのジャンルでまとめてみたいと思います。まぁ、好みが偏っているので購入の参考にはならないとは思います。(一応)これでも自分ではライトユーザだと思っているのですが‥。

箱庭 

『中二病』の第2期『中二病でも恋がしたい!戀』が来年1月放送開始らしいですね。ということは、あと1か月くらいということ。びっくりするくらい早いです。

というか、10月作品もあと4話程度で終わってしまうということですよね。たぶん今期の作品については一言も感想云々を書いていないとは思うんですが、一応、溜まることなく消化しています。意外といってはなんですが『脳コメ』が予想以上に面白い。キャラデザが好みなのもありますが、意外とストーリーも退屈しないしベタな展開も今のところ無い。個人的には箱庭ゆらぎがアレでソレです。先週は出番がなかったですが、今日はどうかなー。

余談ですが、新『中二病』、タイトル的には漢字が難しすぎる気もしますね‥。変換が大変だ。

カレンダー 

今さらですが、今年ももう12月なんですよね。ということは、そろそろ毎年恒例となりつつある「来年のカレンダーどうしよう」と考える時期です。過去の記事を見ると、だいたい毎年12月上旬には買っているようなので今年もそろそろ決める時期。

ただ、昨年に引き続いて、今年もどうもピンとくるものがないんです。今のところ劇場版『禁書』が第1候補ですが、どうやら新規の書き下ろしは無い様子で決め手に欠けます。かといって他作品も、気になる作品はカレンダーかされていなかったりで、これというものが無い。さて、どうしようか‥。

ちなみに、(これも毎年載せてますが)過去の履歴はこんな感じ。

2006年用:購入なし
2007年用:『ARIA The NATURAL』
2008年用:購入なし
2009年用:『しゅごキャラ!』(『灼眼のシャナⅡ』『ToLOVEる』も迷った)
2010年用:『とらドラ!』
2011年用:購入なし(4月~12年3月は『キサラギGOLD★STAR』)
2012年用:『禁書目録Ⅱ』
2013年用:購入なし

今のところ2年連続購入なしの状況にはなっていないので、2014年は何か飾っておきたいところです。

ラノベ購入休止中 

どうも最近は文字を読むのに集中できないので、ラノベの購入を休止していたりします。ブログに載せたかどうかわすれましたが、『ゴールデンタイム』とか『俺ガイル』とか、かなり未読が溜まっていたり。
同じ文字でもゲームの方はこの前の『フォルトゥーナ』とか『ココロ@ファンクション』とか、それなりの数を買ってけっこう順調に消化できてますが、困ったことにラノベの方は全く集中できないんですよね。

どうもここ数年は、やたらとゲームを買いたくなる時とか、ラノベを衝動買いしたくなる時とか、とにかくアニメの消化に躍起になる時とか、ジャンルの偏りが多い気がします。ちなみに今はゲームの時期みたいです。

なので、おそらく2008年が特に良い年だったという印象が強いのは、各ジャンルをバランス良く消化できていたのが一番の要因なんじゃないかと思うんですよね。バランスを考えて動けばあの時の勢いが戻る・・・のかも。


ということで、よくわからんボヤキになってしまった今回でした。更新スタイルを変えると、内容もそれなりに(良くも悪くも)変化があるような気がします。

ポケステ 

本日、PS Vitaでポケットステーションのアプリが配信開始。ということで早速ダウンロードしてみました。
ポケットステーションといえば15年くらい前に、初代プレステの備品(?)として発売されたものだっと思いますが、私にとってはかなり懐かしいアイテムです。

いやー、とにかく懐かしいです。ポケステが活躍していた当時は携帯電話が大人の持ち物だった時代なので、時計がわりにいつも持ち歩いていたのを思い出します。当時は田舎に住んでいたこともあり、どこに行っても品薄で近所のおもちゃ屋(ゲーム屋)を探し回ったのもいい思い出。
結局、ポケステ対応のゲームを1本しか持っていなかったこともあり、活躍は半年くらいしかしなかったんですけどね‥。

ちなみに、当時買ったポケステの現物、いまでも初代プレステのメモリーカードとして使用可能な状態です。電池(大きめのボタン電池も最近は使わなくなりました)が切れてもメモリーカードとしてはそのまま使えるので、ミニゲームに飽きたらそのままセーブ用に使ったという方も多いのでは?

ニッキ 

image13120201.jpg
最近はニッキの入っていない変わり種八つ橋の方が種類が豊富な気がします。それらも多少は入っているのかもしれませんが。

ということで、『十六夜のフォルトゥーナ』ちょっとずつ進めてます。体験版をほとんどやっていなかったので、そっち系の話できたかー、という印象の序盤です。

公式サイトのキャラクター紹介を見た限りでは冬月小菜が一番良いかなと思っていたんですが、いざプレイしてみると完全に九条乙女にもっていかれた気がします、個人的に。何というか立ち絵が一番活き活きしていて、いちいち可愛いというか。

ただ、どうやら最初は乙女ルートに入れないそうで、やっぱり小菜からになるみたいです。一部ではシナリオが長すぎるとのウワサもあるので、ココロしてかかりたい(?)と思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。