image13050101.jpg

□■ つうしんチェック中! ■□

←↓↑絶賛応援中!↑↓→
aria.gif hs01.jpg toradora.jpg

kinsho_banner.gif shugo-b.jpg banner_syana.gif

topban_02.jpg clannad_banner02.jpg b.gif

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年を振り返る 上半期編 

いつの間にか30日。もう年の瀬真っ只中じゃないですか!?
ということで、今年の総括記事でも書こうかと思います。

一応、4部構成の予定で、今日はその第1部。アニメ上半期編。
以前、上半期は上半期だけでまとめたものがあるので、若干端折り気味でお送りします。


『ARIA The ORIGINATION』
今更語るまでもなく、今年の中心作品。最終回後もDVDで癒されてます。詳しくはこちらの記事参照。
あと先日、画集『ARIA The ILLUSTRATION AVVNIRE(アッヴェニーレ)』を購入しました。これについては、後日、画像つきでご紹介を。まぁ、年をまたぐ可能性もありますが。

『みなみけ~おかわり~』
こちらの記事参照(ぉ
年始からの『~おかえり~』にも期待大です!

『ダ・カーポⅡ S.S』
D.Cらしい雰囲気をだしてくれた今回。個人的には一番最初(2003年放送)のもの以来の高評価。ただ、純一さんが老けていたのが、ちょっとショック・・。

『我が家のお稲荷さま。』
最終回があっさりしすぎだー!という印象しか残ってないんです。残念ながら・・・。

『仮面のメイドガイ』
この手の作品を見るのは、かなり新鮮だったり。結構シュールだったような気もしますが、テンポも良くて面白かった。この作品で初めて井口さんをしりました。

『ToLOVEる』
2クールが長すぎたのか、後半に飽きが来てしまったのが残念なところ。まぁ、アニメはアニメで、原作は原作で楽しませてもらいました。

『しゅごキャラ!』
4月に知ってから、どんどん引き込まれています。
少女マンガタッチであり、ストーリーも凝ったものではないんですが、やっぱりあむのキャラクターとストーリー設定に惹かれたのかも。


◇総括
やはり『ARIA The ORIGINATION』の印象が強すぎて、他のがあまり印象に残っていないような上半期でした。ただ、ARIAと入れ替わるように見始めた『しゅごキャラ!』の台頭は目覚ましいものがあります。『ARIA』は『あまんちゅ!』に世代交代、『しゅごキャラ!』は『どきっ』に進化。今後も期待してもいいのではないでしょうか。


ということで、次回は下半期編。けっこうな数となっております。
あ、ちなみに前回、「後半に続く!」とか言っておきながら、その後半は今後に持ち越し‥。年を越す場合も!?

コメント

今年は結構アニメ豊作の年でしたねー
ARIAといい、ひだまりといい、今年はクオリティが高い作品が多かったですね。
ただ、個人的にはスケジュールが詰まってたのか作画が厳しい作品も多かったのが残念でした。

>yuさん

そうですね~。
ARIAが終了して、あまり見るものないな~とか思っていながら、何だかんだで結構見ました(笑)
おそらく、ここ数年で一番楽しめたと思いますね。

画の方は、個人的にはあまり気に留めていなかった「つもり」です。
まぁ、気にしないようにしてても、やっぱり気になる作画ですが・・。

  • [2009/01/08 21:10]
  • URL |
  • Yutas(管理人)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://redentore.blog95.fc2.com/tb.php/325-b2fa16c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。