image13050101.jpg

□■ つうしんチェック中! ■□

←↓↑絶賛応援中!↑↓→
aria.gif hs01.jpg toradora.jpg

kinsho_banner.gif shugo-b.jpg banner_syana.gif

topban_02.jpg clannad_banner02.jpg b.gif

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつゆめ 

あれだけバラバラだったストーリーを、よくまとめたもんだ!
image09080801.jpg
ということで、『ナツユメナギサ』を一通りクリア。やっぱり今年はゲームの当たり年なのかも。

※「続きを読む」以下、一部ネタバレ含みます。


最後の最後「ナツユメ」ルートで、体験版(プロローグ)から続いていた全ての伏線を回収する訳ですが、よくあれだけのストーリーを考え出せるもんだと、ひたすら感心しましたね。ストーリーの複雑さ、シナリオ構成の難解さは、今までやった中では一番なんじゃないかなと。
ただ、最後の保健医の語りの場面は、一つ一つをゆっくり照らし合わせながらでないと途中で分からなくなりそうで‥。

どちらかというと、全体を通して悲しい終わり方なんですけど、暗い感じはほとんど無く、じっくり余韻に浸れる(?)ラストでしたよ、私にとっては。
あと、ストーリーを進めるにつれて、ゲーム終了時のシステムボイスが変化するなど、細かいギミックの充実もなかなか。



◇美浜ルート
物語の感動度で見ると、完成度が一番高いと思います。「な゛ーを知らない?」の場面とつながった瞬間、なるほどな~と納得。
あと、前も言ったけど、「中の人」の名義が変わったのが非常に気になるところです。

◇つかさルート
よくできてはいるんですけど、何となく存在感が薄い気がする。
どっちかというと、夕実先輩のインパクトの方評価が高いけど、これは好みの問題!?

◇はるかルート
唯一、ツメが甘い終わり方をしたルート。ベタなようでベタでない展開で、微妙に納得いかない気分になります。ある程度、妄想想像力も必要?

◇真樹ルート
キャラクターでは一番好感度が高かった真樹。今まで、あまり見なかった性格に、グッとひかれた、とう感じです。うん、真樹は良かった!
ただ、最後のあたりで「歩ルート前半で予想していた展開(とある人物の声に注目)」になってしまったのが残念なところかも‥。まぁ、ストーリーの構成上、これは重要なポイントではあるんですけどね。
さらに欲を言えば、真樹ルート(2)に、もう少し「デレ」分が欲しかったところか (ぉ

◇歩ルート
これを進めないと、物語がつながらない事を考えると、作品のまとまりとシナリオの一体感はかなりのもの。歩の能力についての詳しい言及はなかったのですが、いろいろ「裏設定」的なのがあるのかも。


以上、ネタバレの少ないように感想まとめると、何を書いているか訳が分からなくなりますね‥。ま、まとめると、「けっこう良作でしたよ」ってことです。とはいっても、何となく腑に落ちないような気がしないでもないので、もう一度、真樹ルートをやり直してみようと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://redentore.blog95.fc2.com/tb.php/416-a28179ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。