image13050101.jpg

□■ つうしんチェック中! ■□

←↓↑絶賛応援中!↑↓→
aria.gif hs01.jpg toradora.jpg

kinsho_banner.gif shugo-b.jpg banner_syana.gif

topban_02.jpg clannad_banner02.jpg b.gif

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガヤシステム 

昨日の記事の続きですが、今までやったゲームのなかでの(かなり)個人的なランキングを作成してみました。「シナリオ部門」「キャラクター部門」「雰囲気部門」「思い入れ部門」の4ジャンルに分けて集計。各作品1ジャンルのみで数えているので、それなりに分散させたつもりです。
『十六夜のフォルトゥーナ』と『オトメスイッチ』は買ったばかりでまだよく分からないので除外。自己満足でトンチンカンなランキングなので、あまり参考にしない方が無難かと思われます‥。

ちなみに、昨日は数えるのを忘れてましたが今までに買ったゲームの合計はのべ40作品。ファンディスクをいくつか含むので作品数は36作品。使った金額は怖いので計算してません。



◇シナリオ部門
①『FORTUNE ARTERIAL』
②『eden*』
③『夜明け前より瑠璃色な』
④『恋色空模様』
⑤『D.C.P.S. ダ・カーポ プラスシチュエーション』

シナリオ部門首位は『フォアテリ』。これはもう不動です。基本的にキャラで選んでしまう私が唯一体験版のシナリオにひかれて買った作品です。日常パートの何とも言えないワクワク感とか、伽耶様とマレヒトさんパート(真ルート)の盛り上がりは非常に秀逸。体験版やる前は買うつもりがなかったなんて、今となっては信じられません。
『eden*』はアレですね。映画化できるんじゃないかというくらいしっかりストーリーが作られてます。シナリオは一本ですがその分ブレが無いのが良い点です。
どちらかというと『夜明け前より瑠璃色な』はキャラクター部門かなーという気もするんですが、ロストテクノロジーとフィアッカ様関連のシナリオがかなり引き込まれるものがあったのでこちらに。
『恋色空模様』は謎解き要素が私好みで飽きが来なかったのが良い点。各キャラのルートがおまけになってしまっているのが勿体ないような気も。
『D.C.P.S.』は私が初めて買ったゲームということもあって、未だにこの作品がすべての基準になっていたりします。購入後10年近く経ってまだクリアしていない伝説の作品(?)です。この作品にさえ出逢わなければ、という気がしないでもないですが‥。もちろんシナリオは今考えても面白かったと思います。ガヤシステムって今は完全に絶滅しましたよね。


◇キャラクター部門
①『天神乱漫』
②『キサラギGOLD★STAR』
③『Coming×Humming!! -カミング・ハミング-』
④『fortissimo EXS//Akkord:nachsten Phase』
⑤『妹びらいざー!』

この部門はキャラは良いけどストーリー展開が少し飽きやすかったり、盛り上がりに欠けるかなという括り。この5作品、最初は面白いと盛り上がってブログとかでもかなり取り上げたんですが、時間が経って印象が薄れてしまった作品群です。
代表格は『天神乱漫』。買った当時はやたらブログで騒いでいたにも関わらず、今となっては手元にないという。


ということで、長くなりそうなので後半は明日の次回更新で。「雰囲気部門」「思い入れ部門」「総合」でお送りします。この3ジャンルはさらに個人的な好みと想い出補正がかかっているかと思われます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://redentore.blog95.fc2.com/tb.php/711-9a2d130b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。